ショーツの種類

ショーツの種類

■フルバック
最も一般的な形で、おしりをすっぽり包み込む深ばきのショーツで安定感があります。

■ノーマル(スタンダード)
最もスタンダードな形で、種類・カラーともに豊富に揃っています。
別名、ハイキニなどともいい脚ぐりはスッキリとしているため歩く際の脚さばきがよく、浅すぎず適度な深さのショーツです。

■ヒップハンガー(ローライズ)
フルバックの上を浅くしたタイプで、股上の浅いパンツやジーンズを穿くときに向いています。別名、ローライズショーツとも呼ばれています。

■バックレース
お尻の裾部分にレースがついているタイプで、ラインがアウターにひびきません。

■Tバック
サイドからバックにかけての布部分が少なく、バックがT字型にカットされていて、ヒップラインが出るパンツとしては最適です。

■Gストリング
ボトムのフロントがV字型で、バックとサイドが細いひも状のデザインです。

■Cストリング
ウエスト部分に紐も布もないタイプです。足の間のCの部分だけが残りますが、針金が全体に穿いているので落ちません。別名、Iバックとも呼ばれます。

■ボーイズレッグ
■フルバック
最も一般的な形で、おしりをすっぽり包み込む深ばきのショーツで安定感があります。

■ノーマル(スタンダード)
最もスタンダードな形で、種類・カラーともに豊富に揃っています。
別名、ハイキニなどともいい脚ぐりはスッキリとしているため歩く際の脚さばきがよく、浅すぎず適度な深さのショーツです。

■ヒップハンガー(ローライズ)
フルバックの上を浅くしたタイプで、股上の浅いパンツやジーンズを穿くときに向いています。別名、ローライズショーツとも呼ばれています。

■バックレース
お尻の裾部分にレースがついているタイプで、ラインがアウターにひびきません。

■ボーイズレッグ
メンズのボクサータイプショーツのようなカジュアルなデザインが特徴です。

■サニタリー
生理用のショーツで、ナプキンを体にフィットさせたり、ずれなども防止してくれるショーツです。

■ショートガードル
主として、おなか押さえや、ヒップアップなどのサポート機能のあるガードルで、脚部がないのが特徴です。

■ショーツスタイルのガードル
ソフト、ミディアム、ハードとサポート機能の強さによって分けられます。スカートを着用したときに、脚口が見えないのでオススメです。

■ロングガードル
おなか押さえや、ヒップアップ、太ももの補正などのサポート機能のあるガードルです。
脚部があるので、下垂ぎみのヒップを自然にサポートするため、パンツラインのでやすいパンツスタイルを着用するときにオススメです。


 

サイトマップ